2016年11月21日

11月20日に経産省「親日・知日人材コミュニティ事業」の一環として『第2回 Japan Academia in Myanmar』を開催いたしました。現在はミャンマー、ベトナム、インドネシアと主に3つの国で展開しており、これらで議論された課題解決策をいかに日本企業の事業と結びつけ新たな価値を創造していけるのか、それが次なる大きなテーマになると考えられます。

また翌日の同コミュニティ事業『Myanmar Business Competition 2016』が催され、事前の審査をクリアした7組の起業家たちから3組が選抜され、選ばれた起業家たちは2月に開催される日本での最終プレゼンに挑みます。

15178180_729741710510164_2046932545127181353_n